変わっていかなければいけない住宅性能

こんばんは。

住宅コンシェルジュの小岩です。

今、猛暑日や熱帯夜などで家で熱中症が多発しております。

家で亡くなる方は、「交通事故」死者の4.9倍です。

そのほとんどが室温の温度変化によるヒートショック。

最近はそれだけでなく、猛暑日が続くことで起きやすくなる熱中症。

これを「当たり前」をとらえるか?「なんとかしなければ」と考えるか?

ほとんどの方が、自然のことだから仕方ないと・・・

先進国なかでこれを、自然のこと考えるのは「日本」だけ

日本の建築基準ではなくて、先進国の建築水準でかんがえれば、

家で亡くなる方を減らすことは容易にできるはずなんです。

まだ、お住まいを検討中の方はどうしたら、どういう住宅をつくれば、

正直わかってない方が多いと思います。

良いお住まいをつくるために、正しい知識をもち、選択すること覚えてください。

弊社は、「勉強会」にてこういったこともお伝えしております。

ぜひ、ご相談を!

PageTop